薄毛治療は針でも行えますよ!その他、薄毛治療法・薄毛対策法の紹介

薄毛の治療法にはいくつか種類がありますが、針灸治療も選択肢の1つですよ。では、薄毛治療を針灸で行う場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは針灸による薄毛治療と、その他の薄毛治療法について紹介していきます。手軽に行える薄毛対策も合わせて紹介していきますので、これを機に薄毛治療をはじめてみませんか?

まずは、薄毛の原因を探りましょう

薄毛治療をスタートしても、原因が分からないままだと正しい治療効果を得る事ができません。薄毛治療をはじめる前に、まずは自分が薄毛になった原因を探ってみましょう。では、実際のところ薄毛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?薄毛の原因になる要素は4つあり、「遺伝によるもの」や「男性ホルモンが影響している」、「食事・生活習慣が悪い」や「精神的なストレスがある」などが挙げられます。

遺伝によるものと、男性ホルモンが影響している薄毛の場合は、男性ホルモンを受け取る遺伝子(受容体と言います)を調べることで、あなたに合った治療計画をたてる事が出来ます。受容体の遺伝子は医療機関でないと調べる事が出来ませんが、食生活の改善やストレスを減らす工夫は普段の生活でも出来ますよね。

まずは食生活や生活習慣の改善からはじめましょう。

針灸で薄毛治療を行える理由

針灸で薄毛治療を行える事を知っていましたか?針灸治療で効果があるのは肩こりや腰痛と言った症状だけではありません。では、どうして針灸治療で薄毛治療が行えるのでしょうか。その理由は、ツボを刺激して薄毛となっている原因を治療できるからです。

薄毛に効果のあるツボの一例としては、百会(ヒャクエ)や玉枕(ギョクチン)と呼ばれるツボがあり、この2つのツボは頭皮の血行を改善させ、薄毛の原因の一種であるホルモンバランスの乱れを改善する効果が期待できるツボです。

ツボの刺激によって症状を改善させる方法は、針灸(東洋医学)の特徴であり、美容針灸と呼ばれる診療ジャンルも東洋医学から派生したものです。肩こりや腰痛といった症状を改善できる理由も、症状に関係しているツボを刺激する事が出来るからですね。

西洋医学(薬物による麻酔)が発展するまでは「ツボの刺激」によって麻酔がかけられていた歴史もあり、針灸治療で対象となる症状は多岐にわたると言えます。

針灸で薄毛治療を行うメリットとは?

薄毛治療を針灸で行う場合のメリットは、体に負担が少ないという点が挙げられます。針灸治療で使う針は、注射針よりも細い針を使用するので、体に傷がつかないという点もメリットの1つと言えるでしょう。また、点滴や注射・飲み薬など薬を服用する必要もないので、薬による副作用が起きる心配もありません。

その他、頭皮に関係するツボは血行促進や内臓機能を活性化させるツボでもあるので、薄毛治療を行いながら健康状態を改善する事も出来ますよ。前述したように、針灸治療で使用される針は注射針よりも細い特徴があります。

痛みのない施術という特徴もあるので、薄毛の治療方法の1つとして針灸を検討してみてはいかがでしょうか。

針灸で薄毛治療を行う際に必要な費用、治療を行える場所の紹介

針灸で薄毛治療を行う際に必要な費用は、数千円~1万円以内(1回あたり)が目安です。針灸治療は保険が適用されない自由診療なので、医療機関によって料金が異なる特徴があります。

また、施術するペースは治療方針や症状によっても異なりますので、治療開始前のカウンセリングで費用の目安を聞いておくと良いでしょう。薄毛治療は美容針灸と呼ばれる診療科で行うことが出来ます。余談ですが、美容針灸では薄毛治療だけではなく、顔のリフトアップや肌質改善を行える施術メニューもあり、美容に精通した診療科という特徴があります。

針灸治療は国家資格を得た鍼灸師が行うので、安全に施術を受けることが出来ますよ。興味がある場合は問い合わせてみて下さいね。

針灸治療を行う医療機関の選び方

メリットの多い針灸治療も、適切な治療が行われている医療機関で行わなければ、本来の治療結果を得ることは出来ません。ここでは、針灸治療を行う際に利用する医療機関の選び方についていくつか紹介します。まず1つ目は、衛生的な医療機関か?という事を確認してください。

もっとも簡単に衛生面を判断できるのは、使用している「針」を見ることです。良い医療機関の場合は、使用する針は使い捨てになっていて感染症対策が行われていますよ。衛生的な医療機関を選ぶようにしましょう。

もう1つは、「希望していない施術を無理強いされないか?」「1回あたりの費用が高額ではないか?」という点にも注意してください。

針灸治療は自由診療になっているので、料金トラブルが発生する可能性が高くなっています。もし、希望していない施術を提案された場合には、その施術が必要な理由を聞いてみましょう。あなたが納得のいく理由であれば良心的な医療機関だと言えます。

万が一、それでも不安がある場合には他の医療機関を受診する方法も1つの方法です。適切な薄毛治療を行っている医療機関で治療を受けて下さいね。

その他、医療機関で行える薄毛治療とは?

針を使わない薄毛治療も医療機関では行われていますよ。針を使わない薄毛治療は手術の必要がない治療と、手術が必要になる治療があります。手術の必要がない治療法は、服薬による治療や外用薬の塗布による治療、細い針を頭皮に刺すマイクロニードルを使う治療です。

幹細胞を注入する事で発毛を促すHARG(ハーグ)や、毛のない部位に毛を植える植毛は手術による治療法ですね。

服薬に使われている薬の一例には、プロペシアやザガーロがあり、外用薬に使われている薬の一例にはミノキシジルがあります。これらは発毛を促すのと同時に、脱毛を抑制する効果のある処方薬です。マイクロニードルは細い針で傷口をつくり、傷口の再生によって発毛を促進させる治療方法になります。

ただし、これらの治療はいずれも健康保険が適用されない治療法です。これらの治療を希望している場合には、料金確認を十分に行って下さいね。

自宅で行える薄毛対策

自宅でも薄毛対策を行う事が出来ますよ。薄毛対策で力を入れるべきなのは、頭皮環境を整えるという事です。頭皮環境が悪いと、新しい髪が成長する事が出来ませんからね。では、どうやって頭皮環境を整えるのか?例えば、使っているシャンプーやリンスをスカルプケア用品に変えてみたり、食生活や生活習慣を見直したりする方法があります。これらは直接的な薄毛治療にはなりませんが、頭皮環境を整える事が出来ますよ。特に、食生活や生活習慣の見直しに関しては、ストレス改善やホルモンバランスの乱れを整える効果が期待できますね。薄毛の治療だけに頼らず、自分でも頭皮環境を整える努力をしていきましょう!